読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代から始める米国株長期投資

20代が配当金生活を目標に米国株長期投資を実践するブログ

米国株長期投資との出会い

米国株長期投資に至るまで

学生時代から投資に興味を持ち、成人になるのとほぼ同時期に証券口座を開きました。投資手法を確立するために、たくさん本を読み、本の知識を活かして学生時代のバイトで稼いだお金を使って超少額ながらFX・スイングトレードデイトレード等に手を出しました。

しかし、元手が少額なので全然儲からないし、その割には銘柄分析・こまめなチャートチェックに手間がかかるし、何よりも日々の値動きが気になって仕方がない!

 

「日々の値動きを気にせず、割と安心してできる投資は何かないのか!」

 

そこで2015年にやっと巡り合ったのが米国株長期投資でした。

 

相場やチャートに振り回されず、この企業なら大丈夫だ!と思って投資をする為、株価が上がればもちろん含み益が得られて嬉しい、株価が下がっても「安く買うチャンスだ!」とポジティブに考えられる。(割とポジティブな性格ですが、米国株長期投資を始めてから、相場は右肩上がりでリーマンショック級の下落相場を経験していないため、そう考えられているだけかもしれませんね。笑)

 

 

2015年,2016年に米国株長期投資を実践してみて

2015年に買った米国株はエクソンモービル(XOM)、シェブロン(CVX)、ジョンソンアンドジョンソン(JNJ)で受取配当額は350USD程度でしたが、日々の値動きを気にせずに、安心して配当を受け取れる米国株長期投資の魅力を確かに実感しました。

 

2016年にはエクソンモービル(XOM)、ジョンソンアンドジョンソン(JNJ)の買い増しに加え、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)、アボット・ラボラトリーズ(ABT)、プロクター・アンド・ギャンブル(PG)、コカ・コーラ(KO)、AT&T(T)を新規購入しており、受取配当額は1,300USD程度になり、株数を積み増すことで着実に年間受取配当額が増える事を実感しました。2016年末までは、お試しの気持ちで米国株長期投資に取り組んでおりましたが、2年間の経験を通して、今後よっぽどのことがない限りは、米国株長期投資で資産形成を進める事を決心しました。

 

サラリーマンで投資にかける時間があまりない方、株価の激しい騰落に心を振り回されたくない方、地道な取り組みが得意な方には、米国株長期投資が最もお勧めだと個人的に考えています。(投資はご自身の判断でお願いします。)

 

これからも相場に振り回されずに、マイペースにまったりと米国株長期投資に取り組んでいきたいと思います。

 

それでは!!